いびき治療

いびき治療
いびきの問題

多くの人が、就寝時のパートナーのいびきに悩まされています。

下顎が後部に移動すると、気道が封鎖されます。呼吸のたびに軟口蓋がばたばたと動き、その結果がいびきの音が発生します。

ビデオ:どうしていびきをするのでしょう?

いびき対策

安眠を妨げるいびきや軽度または中程度の睡眠時無呼吸症は、歯列矯正の一種で治療できる可能性があります。これは前突矯正具と名付けられています。特殊な結合具を上下の顎の矯正具の間に取り付けると、この器具は下顎と舌と軟口蓋を前方に固定します。これで喉頭は広く開き、弛緩した喉頭部の筋肉は安定し、肺は再び血液を必要な酸素で満たすのに十分な空気を供給できるようになります。

例:

図:TAP矯正具(発明者の好意による許可):Scheu Dental社

睡眠薬との併用により、個々に合わせて調整された矯正具を装着すれば、夜中に起こされることもなくなり、パートナーもご自身も夜を静かにぐっすりと休息し、眠れるようになります。

費用/費用負担

前突矯正具には様々な作成方法があります。

当院ではアドバイスを行い、患者様とその歯の状態に適合したモデルを共同で選択いたします。

医療保険の中には(法的もしくは私的)費用を負担するところもあります。

当院では費用負担の申請をサポートいたします。